配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

個人輸入について

個人輸入とは?

個人輸入とは、自分の使用する医薬品などを海外から個人的に購入することを言います。

これは、個人で使用する医薬品に限って許されており、当サイトにてご購入いただく商品は、お客様がご自分のみで使用するということが購入の条件となります。

もちろん日本国内で転売・譲渡を行うと違法となります。(他にも「輸入が禁止されている薬物について」「どんな事が薬事法の違反になるの?」などをご参考ください。)

大きな特徴としては、日本国内とは違い処方箋が必要ありません。ただし、自己責任で投薬する事になります。
当サイトでは個人輸入の代行として、安心できる商品のみを提供しておりますが、海外医薬品を個人輸入するメリットやデメリットなども考慮し、ご利用をご検討ください。

海外の薬事情

日本国内で発売しているお薬のすべては、厚生労働省が安全性や効果などを確認して承認を受けてからしか発売できません。
また薬用石鹸や薬用歯磨き、染毛剤や殺虫剤などなど医薬部外品の商品も多数が流通販売されていますが、この医薬部外品についても厚生労働省の承認がないと発売できないのです。

これらはあくまで国内で発売する医薬品や医薬部外品についての話であって、海外には日本では未承認の薬がたくさん発売されています。
また日本国内ならば処方箋が無ければ買うことができない薬が、海外では普通にドラッグストアで並べられていることだって珍しくありません。
保険制度の違いもあり、海外の各国では病院で医師に診察を受けるよりも、ドラッグストアで薬を購入して服用する機会の方がはるかに多いためです。

特例的に認められている個人的な輸入

日本の薬事法という法律によって、海外の薬を輸入するためには認可や許可が必要な場合があります。
例えば輸入した医薬品や医薬部外品を発売するのには、厚生労働大臣の承認や許可が必要です。
また個人が自分自身で使うために輸入(個人輸入)したり海外から持ち帰る場合には、原則として地方厚生局に必要書類を出して営業のための輸入でないことの証明を受ける必要があります。

ただし、一定の範囲内に関しては特例的に税関の確認を受けたうえで輸入することができます。
あくまで自分自身が使用する目的で輸入するための医薬品ですから、売り渡したり譲渡することはできません。

つまり特例として認められている範囲であれば、医薬品や医薬部外品の個人輸入ができるのです。
あくまで個人的に輸入する場合ですから、輸入代行業者から購入することはできません。

個人輸入できる範囲について

  • 軟膏や塗り薬と言った外皮用薬は標準サイズで24個以内
  • 毒薬・劇薬・処方箋薬は1か月分以内
  • 毒薬・劇薬・処方箋薬以外の医薬品や医薬部外品は2か月分以内

ただし、医師の処方せん又は指示によらない個人の自己使用によって、重大な健康被害の起きるおそれがある医薬品は個人輸入できません。
当然ですが、麻薬や覚せい剤なども輸入できません。

ですので一般的に個人輸入する医薬品や医薬部外品は2か月分以内ならば輸入OKとなります。
この2か月分の数量の算出方法ですが、厚労省のサイトから引用しますと
1日3回2錠服用する錠剤のお薬は(2錠×3回)×30日×2か月=360錠まで輸入できます。 2日用使い捨てコンタクトレンズは(30日÷2日)×2か月=30ペアまで輸入できます。 排卵検査薬の場合ですが1日1回使用するとして30日×2か月=60個まで輸入することができます。 錠剤などは箱や瓶に入っているのが普通ですので、1箱30錠入りの錠剤の場合は12箱まで輸入可能となります。
また税関での確認を受けたうえで輸入できるとなっていますが、たとえば宛先が会社名などになっていると通関することができません。
あくまで個人が輸入し、輸入した本人が使う場合に特例が認められるためです。
こういった点を守っていれば、医薬品の個人輸入も比較的簡単に行えるのです。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>