配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

ジェネリック医薬品の効果と安全性について

先発医薬品と同じ効能を持つジェネリック医薬品

同じ有効成分によって作られるジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許が切れた後に、同じ有効成分によって作られるお薬ですが、その効果や安全性について見ていきましょう。

後発医薬品と呼ばれるジェネリック医薬品ですが、新薬である先発医薬品と同じ有効成分を同じ量と同じ製法によって作られたものです。

先発医薬品の発売までには非臨床実験や治療の臨床試験を無数に行い、その有効性や安全性そして副作用に至るまでを徹底的に調べたうえで厚生労働省の認可を受けています。
そして20~25年間の特許期間中には、治験などでは得られなかった患者が実際に使用した様々なデータも蓄積されています。
重篤な副作用があれば特許期間中にもちろん発売禁止や回収と言った措置が取られています。
無事に特許期間が明けたということは、その有効成分の安全性が確かめられたことにもなります。

こうして20年以上にわたり安全性が確認された有効成分によって、先発医薬品と同じ効能を持つ薬としてジェネリック医薬品が誕生するのです。つまり先発医薬品とジェネリック医薬品の効果は同じだということができます。

より使いやすい薬へと改良されたジェネリック医薬品

同じ成分で作ればそれでよいと言わけではなく、ジェネリック医薬品についても厚生労働省による認可が必要であり、有効成分が同量であり、効果や安全性も先発医薬品と同等であると認められなければ認可されないのです。

ジェネリック医薬品の中には、効能や効果であったり用法や用量を変えることなく先発医薬品を改良し、服用しやすい形や味、大きさにしたものも少なくありません。
また先発医薬品が発売されて以降に新たに開発された技術を用いて、湿気や光に弱いと言った品質面での改良を加えられたものも多数あります。

より使いやすい薬へと改良されたジェネリック医薬品 こういった改良に伴い、先発医薬品では使われていなかった添加物を含むことがありますが、この場合での厳しいチェックと審査が行われることによって、効果や安全性が先発医薬品と同等であるということが証明されていますし、また証明されない場合は厚生労働省による認可もおりません。
このように最近のジェネリック医薬品は先発医薬品をただコピーした薬ではなく、新しい技術をプラスしてより使いやすい薬となっているものも多数あるのです。

このようなジェネリック医薬品ですが、高い場合でも先発医薬品の7割程度で入手が可能です。
使用しているお薬にジェネリック医薬品が出ているのならば、医師や薬剤師に相談してみてください。

最近では処方箋の「後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更可能」欄にチェックとサインをして渡す医師も増えてきています。 効果と安全性が同じで薬価が安いジェネリック医薬品に変えて、医療費負担を減らしましょう。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>