配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

ニキビケア 原因・種類・症状 最適な医薬品ガイド

ニキビとは?

青春のシンボルとも呼ばれるニキビは大体12歳頃からTゾーン周辺に多く現れ思春期真っ只中の男女を悩ます原因となっていますね。この思春期ニキビの原因はホルモン分泌によるものがほとんどです。成長期に入ると成長ホルモンが盛んに分泌されますがこの体作りに必要な成長ホルモンは同時に皮脂腺を刺激する性質があります。
刺激を受けた皮脂腺は皮脂を過剰に分泌し始めるため毛穴詰まりが生じやすくアクネ菌の温床となりやすいのです。これにより思春期ニキビが発生するのですがホルモンバランスが落ち着く20代前半には自然と姿を現さなくなります。
思春期ニキビには毛穴が白くなるもの、黒くなるもの、赤くなるものとがありつい触りたくなってしまいますが、なるべく跡を残さずきれいな肌を取り戻すためには潰さない・触らない事が重要です。
これとは別に思春期を過ぎ大人になってから出来る大人ニキビというものもあります。大人ニキビの原因は思春期ニキビと大きく異なります。
・不規則な食生活
・睡眠不足
・飲酒、喫煙
・ストレス
・化粧品
などが原因に挙げられ人によって原因が異なり1つに絞れないのが大人ニキビの特徴です。一説には不規則な食事・睡眠やストレスにより肌のターンオーバーが乱れるためとも言われています。皮脂がまれ変わる事をターンオーバーと呼び新しい細胞と古い細胞がおよそ28日周期で入れ替わる(新陳代謝)肌のサイクルです。このサイクルは人によって違いがありますがリズムが乱れると古くなった角質がどんどん溜まっていきやがて角質層全体が厚くなり、毛穴詰まりが発生しやすく大人ニキビが出来やすい環境になります。

ニキビの原因

ニキビは男性ホルモンの増加によって皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まる事で発生します。患部が炎症を起こし場合によっては化膿する事もありますが、皮脂自体がニキビの直接的な原因ではありません。ある程度の皮脂は肌を乾燥から守るために必要で皮脂のとり過ぎを防ぐには正しい洗顔を行うと共にニキビが発生する原因を知るのも大切です。
(生え際のニキビ)
髪の生え際周辺のニキビはシャンプーのすすぎ残し、整髪料・コンディショナーが皮膚に付着する事で発生しますがこの他にも男性ホルモンの影響が強いとされています。
(おでこのニキビ)
思春期ニキビが出来やすい箇所でこれも生え際同様にシャンプーや男性ホルモンの影響が大きいです。おでこにニキビが発生している時に前髪の毛先が触れると炎症を起こしやすくなるので前髪をピンで留める・前髪を上げるなどして直接触れないように注意します。
(鼻のニキビ)
顔の中で1番皮脂分泌量・毛穴が多いのが鼻筋で皮脂詰まりが起こりやすくニキビが出来ると炎症を伴う赤ニキビになりやすい特徴があります。
(顎のニキビ)
汗腺が少なく汗による雑菌の発生は少ないですが男性では髭が生える場所であり男性ホルモンの影響が強く出る箇所です。炎症化を起こし悪化しやすいため早めの対策が必要です。
(頬のニキビ)
大人ニキビは発生しやすい箇所で男性ホルモンまたは寝具の雑菌によって引き起こされるケースが多いです。寝具の場合はニキビの発生個所が頬の片側に集中しやすいので比較的簡単に見分ける事が可能です。
(フェイスラインのニキビ)
一般的にUゾーンと呼ばれ基本的に水分量の多い箇所ですが非常に乾燥しやすい特徴があります。これにより角質層の水分が失われ肌のバリア破綻が起こる事でニキビが出来やすい環境となります。
またストレス、睡眠不足はニキビに大きく影響します。睡眠不足が続くと皮膚の老化を招く恐れがあり昼間酷使した体・脳の疲れを癒すためにも1日8時間の睡眠が理想的です。しかしそんなに長く眠れないという方ももちろんいるでしょう。優先すべきなのは睡眠の長さよりも質の方で目覚めが快適ならば良い眠りが出来ていると言えます。
この他にもチョコレート、ナッツ類、せんべいといった趣向品の摂取もニキビの原因となるのでなるべく控える事をおすすめします。

ニキビの種類

ニキビは症状によって種類が分けられそれに合わせたケアが必要になるためニキビの種類を知る事がニキビ改善へ1番の近道と言えます。一般的にニキビの症状・種類は進行具合によって大きく5つの段階に分けられます。
・第1段階白ニキビ
皮脂汚れが毛穴に詰まりプツッと小さな吹き出物が肌に現れます。コメドとも呼ばれアクネ菌の増殖が活発になる前の段階なので炎症はまだ生じておらず、この症状を見逃さずケア出来ればニキビ跡が残る心配はありません。
・第2段階黒ニキビ
空気中の酸素に皮脂の詰まった毛穴が触れる事で酸化し黒ニキビが発生します。別名ブラックコメドと呼ばれまだニキビ用の治療薬を使い適切なケアをすれば悪化せず済む段階です。
・第3段階赤ニキビ
黒ニキビが悪化すると毛穴内部でアクネ菌が活発に増殖を始めるため炎症が生じ赤ニキビになります。この状態にまで症状が進むと跡に残る可能性が高く一刻も早いケアが必要です。
・第4段階黄ニキビ
更に炎症が酷くなると膿が発生し黄色くなります。この時毛穴内部では炎症が真皮層にまで到達しているためこれを潰すと高い確率で跡に残ります。またこの症状では色素沈着が生じる他に皮膚に凹凸が発生している事も多く適切な薬でこれ以上の悪化を防ぐのが重要となります。
第5段階紫ニキビ
症状が進行し炎症が極限に達すると患部が紫色になります。この時毛穴内部では膿や血が溜まり腫れを伴うようになります。ここまで放置すると皮膚科などで基本的な治療を受けても跡が残る確率が非常に高く治療も長期にわたります。レーザーなどを使った特別な治療を受ければ消える可能性ももちろんありますが基本的な治療法では改善が難しい重症レベルの肌状態です。
ニキビは症状によって適切な対処に違いがありますが共通しているのは無理やり潰さない、汚い手で触らない、早めのケアを心がける事です。また思春期ニキビには皮脂のコントロール、大人ニキビには女性ホルモンを優位にするホルモン療法や乾燥対策が最も効果的とされています。

ニキビの予防と薬

10代に発生する思春期ニキビ、20代以降に発生する大人ニキビは原因は違えど正しい洗顔が重要であるのは共通しています。
1朝晩2回の洗顔を守る。
過度な洗顔はニキビを傷つける恐れがあります。ですがスポーツなどで汗を沢山かいた後はしっかりと汗を流し清潔な状態をキープします。
2基本的には洗顔料を使って洗顔する。
ただし顔がヒリヒリする場合は刺激を与えない事を優先するため洗顔の使用を控えぬるま湯で汚れを落とします。
3洗顔料選びも大切
特に大人ニキビは乾燥が原因となっているケースが多いので肌の潤いを奪い過ぎない洗顔料選びはとても重要です。余分な皮脂はしっかり落としながら洗い上がりは突っ張らない物を選ぶと良いでしょう。
4洗顔料をしっかり泡立てる。
たっぷりのモコモコ泡で洗えば肌のバリア機能が低下した肌でも傷つける事なく優しく汚れを落とせます。泡立てるのが難しいようでしたら泡立てネットを使うと簡単にモコモコ泡が作れます。
上記の4ステップは洗顔の基本中の基本です。洗顔の基本を守りながらバランスのとれた食生活を心がけ質の良い睡眠をとる事がニキビの無い美肌を作る基礎となります。それでも出来てしまったニキビには専門の外用・内服薬を使ってニキビ跡・クレーターが残る前に対処するのも賢い選択です。主にアクネ菌を殺菌し菌の繁殖・炎症を抑制する効果があります。
1クラリナ・ニキビ予防3点キット(洗顔・クリームケア)
クラリナで洗顔しクリームで保湿する事で肌の油分は正常にコントロールされアクネ菌の繁殖も抑えられるので結果的にニキビの出来にくい健康な肌を保つ効果が期待出ます。この他ニキビフェイスマスクも含めたクラリナ抗アクネ3点キットは万能的なニキビ予防商品と言えます。
2クリンダマイシンゲル外用薬
殺菌作用に優れたクリンダマイシンゲルはホルモンバラスの乱れによるニキビの原因菌を効果的に殺菌し毛穴に詰まった皮脂が炎症を起こすのを防ぎます。特にニキビを悪化させるアクネ菌、ブドウ菌に対する殺菌性・即効性が高く菌の増殖を抑制するのでニキビの赤み・腫れを素早く鎮めます。副作用のリスクが低く安全性に定評のある治療薬となっています。
3トレティヴァ内服薬(アキュテイン・ジェネリック)
アキュテインジェネリック商品であるトレティヴァは重度のニキビ治療と再発を防止する2つの作用がある飲むニキビ治療薬です。主成分イソトレチノインは抗生物質と同等の殺菌効果を有するので従来の治療薬では改善されなかった重度のニキビ治療に用いられます。ただし重度のニキビにのみ使用可能で軽度のニキビへの本品の使用はお控え下さい。
4プリム漢方薬
漢方によるニキビ治療もポピュラーで体内バランスの正常化・過剰な皮脂分泌の抑制・自律神経を整える働きがあります。これによって皮膚の炎症を抑え健康な肌へと導きニキビの出来にくい体質へと改善する効果があります。プリムに配合されるウコンは紫外線によって生じるシミを予防する効果もありニキビ治療だけでなく様々な肌トラブルに対し素晴らしい作用を示します。
ニキビを手で触る・潰す癖がある場合いくら効果のある薬を内服・外用していても意味がありません。手に付着している菌や汚れはニキビの大敵であり炎症・クレーターなどのトラブルの原因となるのですぐに止めましょう。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>