配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

美白・メラニンとは? シミの原因・種類・仕組み

メラニンの役割・種類とは?

肌にシミがあると見た目だけでは無く気分まで落ち込みますよね。ドラックストアなどにも美白に関連する商品が数多く並べられていますがシミのない美肌を目指すにはまずその構造を知る必要があります。
シミの原因とされているメラニンは人間以外にも動物、植物、一部の菌類などに形成される色素の事です。メラニンは紫外線などの外部刺激を受けると、肌表皮の最下層にあるメラノサイトによって生み出されます。このメラニン色素には周りの表皮化細胞を濃い色で覆い紫外線によるダメージから肌胞核を守るカバーの役割があります。
これにより紫外線の影響によるDNAの破壊、皮膚癌の発現を予防しているのです。悪者のイメージが強いメラニン色素ですが肌の疾患・トラブルを回避するのに欠かせない物質と言えますね。またメラニン色素には種類がありユーメラニンとフェオメラニンに大別されます。
褐色から黒色のメラニン→ユーメラニン
黄色から赤色のメラニン→フェオメラニン
どのメラニンが強いかがそのまま肌の色に反映され人種別にすると、
白人…フェオメラニン
黒人…ユーメラニン
アジア人…ユーメラニン+フェオメラニン
といった具合に分けられます。こう考えるととても分かりやすいですね。加えて髪の色もメラニンの影響を大きく受けていて黒髪ならユーメラニン、金髪ならフェオメラニンとなります。

シミになるメカニズム

女性の敵であるシミは大きく「メラニンの生成」と「ターンオーバーの乱れ」によるものに分けられます。まずはこれらが起こる原因について考えてみましょう。
(メラニンの生成)紫外線、ニキビなどの炎症、間違ったスキンケア、ホルモンバランスの乱れなど
(ターンオーバーの乱れ)乾燥、加齢、ストレス、睡眠不足、喫煙など
上記のような原因によってシミは発生します。具体的には肌が何らかの要因によってダメージを受けると活性酸素が発生し、刺激を受けたメラノサイトがメラニンを過剰に分泌し始めます。このメラニンは肌細胞を紫外線から守る重要な役割を担っていて、メラニン色素で色づいた箇所は基本的に28日周期で剥がれ落ち元の肌色に戻ります。これをターンオーバーと呼びます。
ところが様々な原因によって肌のターンオーバーが乱れる事があり、通常の周期より短い期間で作られた肌細胞は弱く乾燥しやすいためダメージを強く受けてしまいます。逆に肌の周期が遅くなると剥がれ落ちる予定だった肌はそのまま残り、メラニン色素を排出する事が出来ずに蓄積されるため肌は柔らかさを失い表面は黒ずみやがてシミになります。
ターンオーバーの乱れは加齢によるものが大きいですがナイロン製のタオルによる摩擦など日常のちょっとした事やホルモンバランス・乾燥といった2つ以上の要因が重なって意外と簡単にターンオーバーのサイクルはかみ合わなくなります。

シミの種類

一口にシミと言っても様々なタイプがあります。自分がどのタイプなのかを把握し正しい治療法を選択しましょう。
・老人性色素班
シミの代表格で数あるシミの事例の中で最も多いのがこのタイプです。10代の頃に浴びた紫外線が肌に蓄積され20代後半から40代になってシミとして肌に現れます。顔の中でもこめかみや頬骨といった高い部分に出来やすく大きさは数mmから10数mmであるケースが多いです。
・肝斑(かんぱん)
肝斑は30代から40代の女性に多く見られるシミですが20代の女性でも妊娠をきっかけに出来る事もあります。主に頬骨周辺、額、鼻の下に左右対称の形で現れますが、閉経・出産と共に顔から消える事も多いため女性ホルモンと深い関わりがあると考えられています。
・雀卵班(そばかす)
一般的にそばかすと呼ばれ小さな子供にも出来るシミです。鼻を中心に小さな斑点が散らばるように顔に現れます。遺伝的要素が強く特にメラニン色素が少ない色白の人に出来やすい特徴があり、大きさはバラバラで淡褐色の斑点が成長と共に増えたり紫外線の影響を受け濃くなる事もあります。
・炎症性色素沈着(ニキビ)
ニキビの炎症または外傷によって生じる傷に近いニキビです。血中に含まれるヘモグロビンと呼ばれる色素が皮膚に沈着する事でシミになります。一時性と慢性に分けられ特にアトピー性皮膚炎、かぶれ、ニキビ跡による慢性的なものはやがて色素沈着し肌から消えないシミへと変化します。異変に気づいてからすぐに正しいケアをすれば跡が残らすに済むので早めの対処を心掛けましょう。
・摩擦黒皮症
摩擦によるダメージを肌が繰り返し受ける事で皮膚にメラニン色素が沈着しシミとなるのが摩擦黒皮症です。皮膚が刺激を受け続ける事で生じる特徴があるため、ナイロンなどの化学繊維で体を拭いたり、女性ではサイズの合わない下着の締め付けによって脇から肩甲骨にかけて淡褐色のシミが出来る事もあります。他にも乳首・乳輪の黒ずみもこれらと同じ原因であると考えられます。
・遅発性両側性太田母斑
茶褐色や青色のアザのようなシミが目の周り、額、頬に現れます。日本人に多く見られる先天的なあざで化粧品では消えませんがレーザーを使った治療では改善が期待出来ます。
・脂漏性角化症
シミが肌表面で盛り上がり硬くなったもので見た目はイボのようです。顔だけではなく手の甲に生じる事もあります。化粧品では改善される見込みはなくレーザーで隆起した箇所を削るもしくは色素レーザーを照射するなどの治療法を用いります。
・花弁状色素班
皮膚の奥にまで到達する程の深いダメージを負った際に現れるシミで、中でも強い紫外線の影響による日焼けから生じるものを光線性花弁状色素班と呼んでいます。背中から方にかけてシミが出来るケースが多いため自分ではその存在になかなか気づけないのが難点で、ケアが遅くなりいつの間にか色素沈着を起こす事もある厄介さがあります。
シミになる原因の多くは紫外線対策をせずに海水浴などのアウトドアに出かける事なのでしっかりと日焼け止めを塗る、UV効果のあるラッシュガードを羽織るなど紫外線対策をしましょう。

シミ対策

シミ対策は同時に健康的なハリのある素肌を生み出す事にも繋がります。まだ20代だからと油断せずこれからやってくる30代40代に向けしっかりとシミ対策をしましょう。
(ホルモンバランス)
ホルモンバランスの乱れはターンオーバーが乱れる原因になります。これには生活習慣を大きく影響する事が分かっていて特にストレス、睡眠不足は大敵です。ターンオーバーは私達が寝ている間に起こりますが熟睡が出来ていないと正常に行われず肌の生まれ変わりが滞ります。
特にお肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から深夜2時に眠りにくのが望ましく、また成長ホルモンが盛んに分泌される入眠から3時間に質の良い睡眠をとるだけで肌・体の調子が良くなります。そのためには交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズでないと質の良い睡眠は得られません。寝る前に軽いストレッチをする、日中に軽い運動を取り入れるとストレス解消にもなり一石二鳥です。
(食生活の改善)
シミの予防・改善にはいかに肌の新陳代謝を活発にするかが重要です。シミケアと言えば美白コスメやサプリメントなどが頭に浮かびますが美白には毎日の食事が基本となります。忙しくてもダイエット中でも栄養バランスの整った食事を朝、昼、晩しっかりとり軽い運動を取り入れましょう。
無理な食事制限によるダイエットは肌をボロボロにするだけです。無駄な間食・清涼飲料水・脂っこい食事などを見直し軽い運動を継続する事で新陳代謝が活発になり消費カロリーはUPします。その結果スリムな体と健康的な肌が自然と手に入るという訳です。
栄養素の中でも特に積極的に摂取してもらいたいのはビタミンC・Eです。ビタミンCにはシミの素になる活性酸素の除去・メラニンの生成を抑制する働きがあり抗酸化作用に優れています。ただビタミンCは水溶性なので体外に排出されやすく1度に多量を摂取するよりも複数回に分ける方がより効果的です。
ビタミンEは新陳代謝を活発化、抗酸化作用に優れた栄養素で血管・肌・細胞の老化を抑制し血行を促進する働きがあります。この他に生活習慣病の予防効果もあるため別名若返りのビタミンと呼ばれています。
(摩擦に注意する)
顔や体を拭く際にタオルでゴシゴシ拭いていませんか?この時に生じる摩擦は肌を傷つけその修復のために分泌されるメラニン色素はシミの原因になります。石鹸や洗顔料はしっかりと泡立て決して強く擦らず優しく洗い、タオルで拭くときはポンポンと顔に押し当てるようにすると摩擦が軽減されます。
またサイズの合わない下着は摩擦を生みメラニン色素が過剰に分泌され黒ずみが発生する原因になります。きちんと計測し自分に最適なサイズを着用して下さい。デザインが凝っているものは可愛いですが縫い目が肌に当たり摩擦が生じるので肌に優しい素材選びをしましょう。

美白成分のハイドロキノン

ドラッグストアなど一般的に売られている基礎化粧品はシミを予防する効果しかありませんが、ハイドロキノンは既に出来てしまったシミにも高い効果を発揮する優秀な外用薬です。日本では成分濃度が2%までのものしか使用出来ませんがアメリカでは一般化していて広く用いられています。2%以上の濃度が必要な場合には皮膚科もしくはクリニックで専門の医師による処方が必要になります。
ハイドロキノンはシミの素になるメラニン色素の生成を阻害するだけでは無く、メラニン色素を作り出す(メラノサイト)自体を減少させる働きがあるため既に出来てしまったシミにも素晴らしい作用を示します。その効果の高さから肌の漂白剤とも呼ばれ美白有効成分ビタミンCやプラセンタと比較しても約10倍から100倍の美白効果があると考えられています。
ただ効果が強い反面副作用の反応も出やすく肌の赤みや炎症、色素沈着の悪化、白斑、肌荒れ、痛み、乾燥などが引き起こされる事があります。
これらのリスクを最小限にするには以下の点に気を付けて下さい。
・使用期間中は紫外線を出来るだけ避ける
・外出する際は紫外線対策をしっかり施す
・使用前にパッチテストを行う
・劣化した商品や使用期限の過ぎた商品は使わない
・高濃度のものを長期間使用しない
など正しく使用する必要があります。本来メラニン色素は紫外線から肌を守るために必要な成分であり使用期間中は肌のバリア機能は低下した状態です。普段以上に肌の状態に注意を払い異常を感じた場合には医師の診察を受けて下さい。

皮膚代謝UPのトレンチノイン

トレンチノインは日本でまだ認可されていませんが欧米ではアキュテイン・ホルモン療法などと並ぶ非常にポピュラーな治療法です。一般的にニキビ治療薬としてのイメージか強いですが広範囲な肌トラブル(脂性肌、乾燥肌、シミ、肝斑)にも有効とされています。
通常ではありえないほどのスピードで皮膚のターンオーバーを促進し塗布後数日で肌表面に角質が剥がれ落ちます。これを繰り返す事で肌は生まれ変わりシミ、シワ、ニキビが改善されるのです。ただしトレンチノインは効果が非常に高い反面使い方を誤ると逆に色素沈着などの肌トラブルを引き起こす原因になります。
・試用期間中は紫外線を出来るだけ避ける
・外出する際は必ず日焼け止めを塗る
・夜間に塗布し朝に必ず洗い流す
・ハイドロキノン、ビタミンC誘導体化粧水の併用が効果的
またトレンチノインは強い薬なので使い始めは低濃度から徐々に高濃度のものに切り替えるのがおすすめです

シミとそばかすを薄くするトラネキサム酸

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸はメラニンの生成を抑制し炎症を抑える作用などがあります。元々は止血剤として用いられていましたが肌荒れ、シミ、そばかすの改善と予防に優れた効果を発揮する事が分かり現在では多くの薬や化粧品に使われています。
肌が紫外線を浴びるとメラノサイト周辺にある肌細胞がシミの原因になるメラニンを生成させる指令を出します。この働きをトラネキサム酸が妨害する結果シミを発生させる素であるプロスタグランジンなどがブロックされるのでメラニンの生成は抑制されシミ・そばかすの発現を防ぐ効果があるのです。
副作用の少ない安全な薬ですが稀に食欲不振、胸やけ、嘔吐、眠気、発疹などが引き起こされる場合があります。またトラネキサム酸の性質により血栓が溶けにくくなる恐れがあるため心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎など血栓に関する持病をお持ちの方は服用を控えて下さい。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>