配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

シアリスの効果・副作用

シアリスとは?

シアリスは2002年に欧州で初めて承認されたED治療薬でアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーが2003年に発売を開始し日本では2007年に認可された最も新しいタイプの治療薬です。
シアリスの最大のメリットは長い作用時間にあります。バイアグラやレビトラの作用時間が4~8時間なのに対しシアリスは36時間効果が続くので服用のタイミングや薬の作用時間内に性行為を行わなければならないというプレッシャーを感じずに済みます。
有効成分のタダラフィルは体内で分解されにくい特性を持っていて吸収されてから成分の血中濃度が約半分になるまでに約14~15時間と長く要するため36時間という高い持続性を可能にしています。例えば金曜の夜に飲めば日曜日まで効果が続くのでこの作用時間の長さから海外では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれ親しまれています。
また効果の持続性が高いからと言って強い成分が配合されている訳ではなく長時間マイルドに効き続けるので、より自然な勃起を望んでいる方やバイアグラなどによる赤ら顔が気になる方に好まれており病院では軽度のED患者にも処方されているようです。

シアリスの効果

シアリスはバイアグラ、レビトラと同じように男性器の勃起を阻害するPDE5の働きを抑える作用があります。この事からPDE5阻害薬とも呼ばれ症状にもよりますが国内外の臨床実験で約70~90%の患者に対しシアリスの有効性が確認されています。
有効成分のタダラフィルが陰茎にある海綿体平滑筋の緊張を緩める事で血流が改善し男性器の勃起をサポートします。他のED治療薬と同様に性的刺激を受ける事で効果を発揮するので性欲を亢進させる催淫剤の様な効果はありません。
心理的要因による心因性ED、神経や血管の問題による器質性ED、心因性・器質性どちらも併せ持つ混合型EDのいずれにも優れた効果を発揮します。

シアリスの服用方法

服用のタイミング→性交渉の2時間前
効果の持続時間→約24時間~36時間
服用前の食事→800㎉までなら可、出来れば食事の2時間後に服用するのが好ましい
服用後の食事→服用の1時間後からが好ましい
服用の回数→1日1回、次の服用まで24時間空けること
シアリスは他のED治療薬と比べ食事の影響を受けにくいとされており先発の治療薬の中でも特に高い評価を受けています。とは言え食事の影響が一切無いのかと言えばそうではないので食後に服用し効果が薄いと感じたらやはり空腹時に飲む事をおすすめします。また油分の多い食事は有効成分の吸収を妨げ、過剰な飲酒はシリアスの効果がほとんど無くなる原因となるので控えましょう。

シアリスの副作用

あるデータによるとシアリスを服用したED患者の内27.2%に何らかの副作用の症状が現れたという報告もあります。

主な症状

  • 頭痛
  • 顔の発赤
  • ほてり
  • 消化不良
などが挙げられ他のED治療薬と似た副作用が出やすい傾向がありますが服用者の多くが体験するのではなく約3割程度なので発症率はED治療薬の中では低めに分類されます。これはシアリスが効果持続時間が長く薬の効き目がマイルドといった特徴を持っているからで薬の作用が穏やかな分副作用も低いとされています。

シアリスの注意点

  • シアリスに含まれる成分に対し過敏症の既往歴がある方
  • 心臓または血管に持病があり性交渉に体の機能がついていかない方
  • 不安定狭心症、網膜色素変性症、不整脈を患っている方
  • 性交渉の際に狭心症の発作または3か月以内に心筋梗塞を起こした事のある方
  • 6か月以内に脳梗塞または脳出血を起こした方
  • 重篤な肝障害の持病を持っている方
  • 最高血圧90mmHg未満、最低血圧50mmHgの低血圧の方
  • 最高血圧170㎜Hg以上、最低血圧100㎜Hgの高血圧の方
上記に1つでも当てはまる方は現在の持病を悪化させる可能性や命の危険もある重篤な副作用を引き起こすリスクが高いので服用する事は出来ません。

シリアスの併用禁忌薬

  • 硝酸剤
    シリアスと併用する事で過剰に血圧を低下させる恐れがあります。日頃から服用している方はシリアスを利用する事は出来ません。
他のED治療薬と比べシリアスは飲み合わせの悪い薬が最も少ないタイプとなっていますがこの他の薬を併用する場合にも必ず医師に相談してから行って下さい。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>