配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

痛風の症状・原因・予防 治療薬ザイロリックの効果

痛風とは?

ビールのCMでもお馴染みのプリン体が代謝される際に痛風の原因となる尿酸に変化します。プリン体はエネルギー源であると同時に尿酸も血液中に一定量含まれているごく自然なものです。しかしプリン体を多く含む食品の過剰摂取や腎機能低下といった要因によって血液中の尿酸濃度は高まり、尿酸濃度が7.0mg/dlを超えた状態を高尿酸血症と呼びます。
ただし高尿酸血症と診断されたとしてもすぐに痛風になる訳ではありません。何らかの原因で分解出来ずに関節に溜まっていた結晶が剥がれる際に体の免疫反応によって、風が吹くだけで針で刺されたような特徴的な痛みや炎症を起こした患部が腫れ熱を持つといった症状を示します。
痛風患者の約95%は男性で高齢者の病気であるイメージが強いですが、食の欧米化などで20代以降の痛風患者が増加傾向にあり年代を問わず注意が必要です。

痛風の原因

耐え難い程の激痛に襲われる痛風は尿酸値の上昇と白血球の反応によって引き起こされます。具体的に尿酸値を上げ痛風を招く原因はと言うと以下が挙げられます。
1肥満体質
痛風患者や尿酸値が高い人の多くは肥満気味である事が分かっています。大食い、早食い、偏った食事、などの不規則な食生活は肥満を招き尿酸値を上げる最大の要因となります。特にレバー、魚卵、干物といったプリン体の多い食品の過剰摂取は控えるようにしましょう。
2アルコールの過剰摂取
プリン体と言えばCMなどの影響でビールをイメージする方が多いですね。ですがビールに限らずアルコール飲料すべてにおいて体内で代謝される際に尿酸は合成されます。またアルコールには尿酸を体外に排出する働きを低下させる作用もあります。
3ストレス
人間は過剰なストレスを受けると自律神経、ホルモンバランス、免疫機能に異常が生じます。腎臓機能の低下を招き尿酸が排出されにくくなると言われています。これに加えストレスによる暴飲暴食も尿酸値上昇の原因となります。
4激しい運動
激しい運動は疲労物資(乳酸)を体内に蓄積させ尿酸を排出する機能低下を引き起こすので結果的に尿酸値は上昇します。
上記の4つの原因の他に家族・親戚に痛風患者がいる遺伝的要因や腎臓病・高血圧症の薬による副作用の影響も尿酸値を上げる要因となります。

痛風の痛み(症状)

足の親指の関節、アキレス腱の付け根、足の甲などが腫れ激しい痛みを伴うのが痛風の代表的な症状です。症状のほとんどが下肢の関節部に生じるのが特徴で痛みを感じるタイミングとしては暴飲暴食または激しい運動をした日の夜中から明け方に多く発生するようです。
・歩くのも立つのも困難な痛み
・骨折したかと錯覚するほどの激痛
・トンカチで釘を打たれたかのような痛み
・硬い何かで圧迫されたような痛み
風に吹かれるそれだけで痛む事から「痛風」と名付けられたぐらいなので、感じ方は人によって異なりますが関節に酷い痛みが伴います。基本的に7日~10で症状は沈静化しますが治った訳では無く、いつどのタイミングで発作が起こるか分からないので治療が必要になります。

痛風に効果的なザイロリック

GSKファーマ社が開発した痛風・高尿酸血症の治療薬で体内の尿酸値を抑える効果があります。従来の治療薬とは異なり体内で尿酸が合成されるのを防ぐ作用があるのが特徴で尿酸生産過剰症の患者により適しています。
ザイロリックに含まれる有効成分が尿酸の生成を担うキサンチンオキシダーゼという酵素の働きを阻害するため血中・尿中の尿酸値が下がるといった作用があるため別名キサンチンオキシダーゼ阻害薬とも呼ばれます。
ただ飲み始めは薬の作用によって関節から尿酸の結晶が溶け出すので逆に痛風発作を引き起こす場合があります。これは症状が改善される過程なので特に心配要りません。蓄積された尿酸の結晶が体外に排出されれば自然と痛風による発作は起こらなくなります。

痛風の予防

痛風を予防する上ではなく重要なカギとなるのがプリン体です。プリン体の合成を抑えれれば体内の尿酸数値の上昇も抑える事が可能になります。
プリン体を特に多く含む食品として
レバー類→210~320㎎/100g
白子→300㎎/100g
エビ・イワシ・カツオ→210~270㎎/100gが挙げられる他に魚の干し物、サンマやヒラメの切り身、干しシイタケ、大豆、かまぼこ、パセリ、アボカド、しらす干し、プロセスチーズ、卵黄などがあります。これに加えプリン体の摂取量を1日400㎎に抑えると良いでしょう。
またこれ以外でも
・1日に2ℓの水を飲むようにする
・高カロリー、高タンパクの食事は避ける
・ビールは控え目にし蒸留酒に切り替える
・軽い運動を心掛け肥満気味の方は特に食事と運動に気をつける
・尿酸値を下げる食品を摂取する
などがあります。
また尿酸値を下げるには酸性に傾いた尿をアルカリ化する作用のある食事を摂取するのが効果的です。具体的に尿をアルカリ化する働きを持つ食品を順に挙げると、ヒジキ、ワカメ、コンブ、ホウレンソウ、ゴボウ、サツマイモ、ニンジン、バナナ、里芋、キャベツ、メロン、大根、ナス、ジャガイモ、グレープフルーツなどがあり上手に食事に取り入れたいですね。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>