配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

AGA治療 薄毛の原因と症状に対する最適な治療薬と予防法

AGAとは?

AGAはCMや雑誌で最近よく目にするようになりましたが「何となく髪に関係する言葉である事はわかるけどAGAって実際何なの?」という疑問を持っている方も多いと思います。
AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症の事を指し、思春期以降に頭頂部や額の生え際のどちらか一方または両方から髪が薄くなり始めます。ちなみに男性の薄毛や脱毛が全てAGAに当てはまる訳では無く特に若い男性に多いとされていて男性ホルモン(テストステロン)が大きく関わっています。この他にも遺伝、食生活、食事、加齢、ストレス、生活習慣なども薄毛を引き起こす原因と考えられます。
毛髪が育たない要因として毛包の成長が不十分である事が挙げられます。成長が不十分な毛包では髪の毛が太く長くなる前に抜け落ちてしまうので薄毛・抜け毛はゆっくりではありますが確実に進行します。ここでポイントとなるのは残っている産毛です。産毛があるという事は毛包はまだ存在しているという事なのでAGA治療を行えば太く長くなる可能性は十分にあります。

日本人のAGAについて

日本人のAGA(男性型脱毛症)の発症率は約3割と言われています。年代別に見てみると、
20代…約6%
30代…約12%
40代…約32%
50代…約44%
60代…約51%
70代…約61%
となっていてやはり加齢と共に発症率が高くなるようです。では海外のAGA発生率はと言うと欧米で約5割、中国・韓国では約2割となっています。やはりアジアと比べると欧米のAGA発生率はズバ抜けて高く欧米人の中でもアグロサクソン系の発生率が高い傾向にあるようです。
言われてみればハリウッドスターを見ていても薄毛の方が多いような気もしますね。ちなみに人種とAGAの関係性は未だ不明ですが統計的には国や地域差はあるようです。
今回は比較の為に人種差を例に挙げましたが結局は個人差が大きく、同じAGAでも頭頂部から薄くなる方や前頭部から薄くなる方など症状は様々という訳です。

AGAの原因

気になるAGAの原因ですが大きく分けて3つあります。
原因1男性ホルモンDHT
AGAと深い関係にあるのがジヒドロテストステロン略してDHTと呼ばれる男性ホルモンです。男性ホルモン遊離テストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きによってDHTへと変換・生成されます。このDHTが厄介なのはヘアサイクルを乱し髪の成長を阻害する作用がある所で髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまい結果的に薄毛が目立ってしまうのです。
原因2遺伝
AGA直接的な原因にDHTが挙げられますが実は遺伝も大きく影響する事が分かっています。2005年にとあるフランスの研究機関の発表によると薄毛が気になる男性とそうでない男性ではX染色体中のアンドロゲン受容体に大きな差があり、これが薄毛遺伝子である可能性が非常に高いとされています。男性へのX染色体提供は母親からのみされるので特に母方に薄毛の人がいる場合は要注意です。
原因3生活習慣・環境
乱れた生活習慣もまたAGAの原因となります。不規則な睡眠時間は成長ホルモンの分泌を低下させ髪の毛の成長に悪影響を及ぼし、喫煙はホルモンバラスを乱し血管を収縮させ頭皮の血流を悪くします。また過度の飲酒はアルコールの分解に栄養が奪われ髪の毛に十分な栄養が行かず、ストレスは代謝・血流・ホルモンバラスを大きく乱し抜け毛の要因となります。頭皮環境の悪化はDHTの悪さを許す事にも繋がるのです。
まとめると不規則な生活を送っている人、ストレスを抱えやすい人、祖先にハゲている人が多い人が発症しやすいという事です。また他にもAGAを進行させやすい生活習慣があります。
  • 間違ったヘアケア
    特に男性はシャンプー時に爪を立て地肌をゴシゴシと力いっぱい洗う方が多いのですがこれは頭皮を傷つける原因となるのでやめましょう。シャンプー液を手に取り手で十分に泡立てから指の腹を使ってマッサージするように洗うと地肌を傷つけず汚れもきれいに落ちます。
  • パソコン、スマホ等を長時間使用する
    パソコン、スマホ、テレビなどの画面を長時間見続ける事によって引き起こされるのが眼精疲労です。眼精疲労は頭皮に大きなストレスを与える他に慢性的な血行不良に陥っているケースが多いです。
  • シャワーだけで済ます
    忙しいとついついシャワーで済ませがちですがゆっくりと湯船に浸かる事で血行促進・リラックス効果があります。育毛剤などの効果を高め体の巡りも改善されるので夏場でも湯船に浸かるのはとてもおすすめです。

上記が必ずしもAGAを進行させるという訳では無いですが悪影響を与えるのは確かです。しかもAGAは早い人だと20代でも発症し個人差もありますが30~40代にかけて徐々に薄くなっていきます。円形脱毛症と違いAGAは自然治癒する事は無く「もしかしてAGAかも?」と少しでも感じたら早めに治療・対策を立てましょう。進行すれば治療にお金も時間もかかるようになるので早いに越したことはありません。

AGAの症状

AGAの症状は様々なパターンがありますが後頭部と側頭部から薄くなるケースはとても少ないです。これはAGAの原因となるDHTが前頭部と頭頂部に多く作られるので、頭頂部が薄くても側頭部と後頭部はフサフサという方が多いのにも納得ですね。AGAの主なパターンは以下になります。
症状パターン1U字型パターン
前頭部から進行するパターンで生え際からどんどん後退していき上から見るとまるでUの文字のように見えます。おでこが広く見えるのが特徴です。
症状パターン2M字型パターン
前頭部から進行するパターンで左右のこめかみからどんどん後退していきます。AGA患者はこのM字型に悩んでいる方がとても多くM字専用を謳った治療薬まである程です。
症状パターン3O字型パターン
つむじを中心に薄毛が進行するパターンで最初はちょっとつむじが寂しくなってきたかな?程度からどんどんO字が広がっていきます。つむじが痒くなって薄毛に気づいたという方もいるようです。
症状パターン4O字+U字型パターン
症状が進行して2種類のハゲがくっついたパターンです。つむじと前頭部のが薄くなり残った髪が余計に薄毛を強調します。このようにAGAは放置するとハゲ同士が合わさり悲惨さを増すので早めの対処しましょう。
症状パターン5O字+M字型パターン
これも2種類のハゲがくっついたパターンで同じくこのまま放置すると更に薄毛は進行するので早急に対策を立てましょう。
症状パターン6後頭部と側頭部だけが残っているパターン
AGAの最終形態でまるで時代劇のちょんまげを失った武士のようです。前述したようにDHTは後頭部と側頭部には少ないためこのような症状が生じます。
何度も言いますが一刻も早い治療・対策がAGA改善において最も重要となります。一時の恥は捨て自分の毛髪をしっかり守りましょう。

AGAの対策

AGA対策で最も有効とされているのがDHTを生成する5αリダクターゼを抑制する事ですがAGA対策において市販の育毛剤、育毛シャンプーなどのケアだけでは改善はあまり期待出来ないとされています。もちろん全く意味が無いという訳ではありませんが若ハゲや生え際の後退などの最大の原因である5αリダクターゼを抑制する成分は一般的に市販されている育毛剤や育毛シャンプーには配合出来ないからです。
ではどうするのかと言うと5αリダクターゼの働きを阻害するフィナステリドなどの医薬品を服用する、これがAGA対策・治療の基本となります。これらを服用する事で5αリダクターゼの働きを阻害し脱毛指令を出すDHTに男性ホルモンが変換されるのを抑制します。入手先としては専門外来を受診するか個人輸入で購入するのが一般的で服用と共に喫煙、偏った食生活、ストレスなどの生活習慣を改善する事も重要です。

対策1.フィナステリド
男性ホルモンテストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。脱毛の原因であるDHTが減少するので毛髪の生長期間が長くなり、細く短かった毛髪は長く太い丈夫な毛髪へと変わります。元々フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として用いられていましたが、患者から「毛が生えた」との報告が多数寄せられAGA治療薬として新たに開発されました。
世界的に見ても広く使われていて副作用のリスクも極めて低く安全性が高い治療薬となっていて、日本でも軽度から中度のAGA患者に使用した所約1年間で半数以上の男性に症状の改善が見られました。特に50代以上の服用者よりも30~40代の若い男性の方が効果が高かったという報告もされています。
(注意点)
・男性型脱毛症にのみ有効とされていて女性や円形脱毛症への効果はありません。
・肝臓疾患など持病をお持ちの方は使用に際し医師に報告・相談して下さい。
・高齢のAGA患者への効果は確率されていません。
・前立腺がんの検査を受ける場合はフィナステリドを服用中である事を必ず報告して下さい。検査結果に影響が出る恐れがあります。
(使用方法)
食事の影響はほとんど無いので飲み忘れの起きにくい時間に1日1錠服用します。
必要であれば増量しますが(1mgが上限)これによって更に効果が高くなるという訳ではありません。
多くの場合半年から1年で効果が出るので半年以上経過しても全く効果が無い時には医師に相談するもしくは薬を変える事をおすすめします。
対策2デュタステリド
デュタステリドはフィナステリドと同じく5αリダクターゼの生成を阻害する働きがありますが、デュタステリドはフィナステリドが作用しない1型5αリダクターゼの生成を抑制する効果があるためより高い脱毛抑制効果が期待出来ます。よってフィナステリドでは効果を実感出来なかったAGA患者でもデュタステリドによる治療が可能です。
デュタステリドもフィナステリドと同じく前立腺肥大症の治療薬に用いられていた過去があり、2001年にイギリスの製薬会社によってAGA治療薬として発表されました。
(注意点)
・デュタステリドの服用中または服用を中止してから6か月間は献血をしないで下さい。
・前立腺がんの検査を受ける場合はフィナステリドを服用中である事を必ず報告して下さい。検査結果に影響が出る恐れがあります。
・男性型脱毛症にのみ有効とされていて女性や円形脱毛症への効果はありません。
(服用方法)
食事の影響はほとんど無いので飲み忘れの起きにくい時間に1日1錠服用します。
必要であれば増量しますが(1mgが上限)これによって更に効果が高くなるという訳ではありません。
多くの場合半年から1年で効果が出るので半年以上経過しても全く効果が無い時には医師に相談するもしくは薬を変える事をおすすめします。
カプセルから出して服用する事は避け特に妊婦や子供の手に触れないようにご注意下さい。
対策3ミノキシジル
ミノキシジルはフィナステリドとデュタステリドと作用が異なります。元々は高血圧治療の血管拡張剤として開発されたもので頭皮の血流を高め毛根に十分な栄養を供給する働きがある事から林宗実験でも発毛効果が認められています。
一見するとフィナステリドやデュタステリドとミノキシジルは併用した方が良さそうに思えますが初期の薄毛に対しては「やり過ぎ」です。どの医薬品も副作用のリスクは避けて通れませんので初期であればまずプロペシア(フィナステリドなど)でAGAの根本原因を断つのがおすすめです。
ぱっと見て分かるほど進行したAGAに対してはプロペシアにミノキシジルをプラスした治療が良いでしょう。プロペシアで脱毛の原因を抑える事は出来ても眠った毛根を目覚めさせるにはミノキシジルが欠かせません。もちろんミノキシジルのみの使用でも優れた効果を発揮します。
治療期間に関しては3ヶ月はかかる事が見込まれるので効果がすぐに出ないからと使用を中止せず根気よくAGA治療に向き合うのが重要です。ただミノキシジルは濃度が高ければそれだけ効果は出やすいですが高濃度を追求し頭皮環境を悪化させては逆効果です。自分に適した量を内服または外用しましょう。
対策4シャンプーやサプリメント
健康的な頭皮環境を生み出すには栄養バランスのとれた食事が重要ですが忙しい日々の中で髪に良いとされている亜鉛、たんぱく質、ビタミンC・A・B、ミネラルなどの栄養素を欠かす事なく摂取し続けるのは容易ではありません。なのである程度食事に気を遣いながら不足する栄養素はサプリから補うのがベストな選択肢と言えます。特にAGA対策専用サプリには育毛に特化した成分が配合されているので体の内側から改善したい人に適しています。
他にもDHTの生成を抑制するイソフラボン、カプサイシン、ノコギリヤシや毛髪細胞を活性化させるアミノ酸類、高麗人参、イチョウ葉エキスや代謝と細胞の再生を促進する成分などが含まれます。医薬品と異なり副作用のリスクが無いので気軽にトライ出来そうですね。

また医薬品シャンプーによる対策も非常に効果的です。AGA最大の原因であるDHTは男性ホルモン5αリダクターゼから生み出されますが、これを阻害する働きがあるのがケトコナゾール配合シャンプーなのです。一般的に市販されてシャンプーには配合されない成分なので効果はもちろん高くこの他に抗真菌作用、史郎性皮膚炎の改善、フケ予防といった働きもあります。
対策5育毛剤、養毛剤、発毛剤の違い
薄毛対策としてメジャーな育毛剤、養毛剤、発毛剤ですが同じように見えて実は効果・効能は全く別物になっています。
育毛剤の効果
毛髪の細胞に直接アプローチし育毛を助ける、頭皮の血行を促進し毛髪へ栄養が供給されやすい環境に整える働きがあります。今ある毛髪の成長を促進すると共に脱毛を予防する作用があり具体的には雑菌の繁殖・炎症を防ぐ効果、新陳代謝を高める効果、頭皮の乾燥を防ぎ保湿する効果などによって毛髪の成長をサポートします。
養毛剤の効果
皮脂・フケを予防する効果があり効き目が穏やかである事から化粧品に分類される事が多く最も手軽に利用できる薄毛対策です。頭皮環境を改善し毛髪の健やかな成長を助けます。養毛剤は育毛剤と作用が似ていますが育毛剤は医薬品または医薬部外品に指定される事が多いため効果がより高いものとなっています。
発毛剤
毛母細胞に直接アプローチし脱毛した部分の再生を促し発毛させる効果があります。養毛剤や育毛剤が今現在生えている毛髪量を維持するのに対し発毛剤は発毛を促進する違いがあるため、毛母細胞・細胞分裂が活発化される成分が主に配合されています。医薬品、第1・2・3類医薬品から選べます。
効果の高さは医薬品>医薬部外品>化粧品の順となっていて自分の薄毛のタイプや目的別に選ぶと良いでしょう。

まとめ(効果が出るまでの期間)

AGA治療において共通して言えるのは「根気よく継続する事」です。現在は医薬品、サプリメント、育毛剤、シャンプーなど多くの選択肢がありますがすぐに効果が出ないからと言って諦めるのは非常にもったいないです。
AGA治療の第一選択薬であるプロペシアでは服用を開始して6ヶ月間を1つのボーダーラインとして考えるクリニックも多くまずは半年間継続するのをおすすめします。ただ薬の効き目は個人差が大きく早い人では3か月、長いと1年以上経ってようやく効果を実感するAGA患者もいるようです。やはり薄毛の放置期間が長かった人ほど効果が表れるまでの期間も長くなる傾向があります。しかしここで注目したいのは臨床結果で3年間フィナステリドを服用した男性の約98%が脱毛の改善・予防効果を実感したというデータがある事です。まさに継続は力なりですね。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>