配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

片頭痛の原因と症状 最適な医薬品ガイド

片頭痛とは?

片頭痛とは風邪や二日酔いといった特に思い当たる節が無いのに生じる頭痛の事で、突発的または日常的に頭痛を感じるなど様々なタイプの方がいます。また日本人のおよそ8%が片頭痛持ちで中でも女性の患者が多いとされています。
片頭痛は慢性頭痛の一種とされ原因は未だ明らかになっていませんが頭がい骨の血管が拡張し、そこに炎症が生じる事で吐き気・頭の痛みなどの症状が現れると言われています。
片頭痛を引き起こすきっかけとしてストレス、疲労が挙げられる他に男性と比較して、片頭痛に悩む女性が約4倍にもなる事から女性ホルモンとも深い関係があると考えられています。
他にも近年ではスマホの画面を見た後に目がチカチカする、視野に閃輝暗点が生じるといった症状の後に片頭痛が起きたと訴える患者が増加傾向にあります。
ですが現代の医学を以ってしても片頭痛を完治させる事は難しく、対処療法を用いて上手に付き合って行かなければならない病気とされています。具体的には痛みが生じやすい耳の近くのこめかみ部分などを氷水で冷やすまたは薬を服用するといった対処療法があります。
しかし片頭痛に限っては食事療法や物理療法による補助効果は認められない上にCT・MRI検査で脳の異常が確認される事もほぼ無いため原因の特定・治療が極めて困難であるのが片頭痛の特徴です。
また片頭痛には前兆があるケースと無いケースに分かれ、前兆のある患者は全体の約3割未満と言われています。これに対しリザトリプタンを主成分として有するマクサルトが片頭痛による諸症状の緩和に効果的で、いつ起きても大丈夫なように薬を常に携帯している方も多いようです。
この他にも抗うつ剤、抗てんかん薬、β遮断薬などもありますが、片頭痛用の治療薬ではないため保険適応外になる点は大きなデメリットと言えるでしょう。

片頭痛の原因

片頭痛は人によって症状の程度も大きく異なり普段はほとんど気にならない人でも疲れ、季節、天候によって症状が現れたり、1度片頭痛が起これば日常生活を営むのも難しく寝込む方もいます。主な原因は2つ挙げられ特に理由も無く繰り返し発生する一次性頭痛と病気によって引き起こされる二次性頭痛があります。一次性頭痛は頭部の血管拡張や首・頭部周辺の筋肉が緊張する事で症状が現れると考えられていて片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛といったタイプに細かく分けられます。
一般的に原因として最も多いのは頭部の血管拡張によるものです。何かしらの理由で頭部の血流が増大・膨張する事で三叉神経が圧迫されます。刺激を受けると痛みの原因となる炎症物質が放出されるので血管周辺に炎症が生じ頭痛は発生するのです。ただ緊張型頭痛に関しては肩や首などの緊張によって頭痛が発生しているので原因・対処法も異なります。
片頭痛の発作を和らげるには膨張した血管を収縮させるためにとにかく「冷やす」事が肝心です。冷やす場所は片頭痛が生じている箇所または首の後ろが良いでしょう。多くの場合はこれが有効で逆に温めると頭部の血管が更に拡張し症状が悪化する原因となります。ですが頭痛のタイプが緊張型頭痛である場合は温める事が有効で冷やすと逆に症状が悪化します。
他にも血管拡張を誘発する食品として、
・アルコール
・チョコレート、ココア、スナック菓子
・キムチ、チーズ
・レバー、ソーセージ
が挙げられもし上記のような食品を食べる事で片頭痛の症状が現れる場合は摂取量・頻度を改める事で症状が改善される場合もあります。
ただし気をつけて頂きたいのは片頭痛だと思っていたら別の病気だったという事もあります。いつもと症状が違う(発熱、痛みの程度、手足の痺れ、意識喪失、痙攣など)場合に疑われる病気としてくも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎、脳出血などがあるので異変を感じたらすぐに医師の診察を受けて下さい。

片頭痛のメカニズム

ズキンズキンと脈打つような痛みを伴う片頭痛は頭の中で拡張した血管が拍動に合わせ周辺の神経に刺激を伝える事で引き起こされます。何かしらの原因により脳の太い血管が膨張し頭の中で1番大きな神経である三叉神経を圧迫し、刺激を受けた三叉神経から痛みの原因となる神経ペプチドが放出されます。すると血管周辺には炎症が生じこの刺激が大脳に伝わる事により頭痛が発生するのです。またこの三叉神経から大脳に情報を伝達する過程で視覚・聴覚・嗅覚を司る中枢
、吐き気を操作するおう吐中枢にも刺激が伝わるため光、音、ニオイに過敏になるまたは吐き気、嘔吐といった症状も引き起こされる場合もあります。
この他にセロトニンの過剰分泌も血管が拡張する要因になる事が分かっています。人間が過度のストレスを受けると血小板から血管を収縮させる働きを持つセロトニンが大量放出されます。収縮していた血管は時間の経過とともにセロトニンが体内で分解・排泄されるので今度は反動で急激に血管が広がるため片頭痛の症状が現れます。
これらが原因として片頭痛が起きると言われていますが実ははっきりした原因の特定には未だ至っていません。ただマクサルトやイミグランといったトリプタン製剤が急激に減少するセロトニンを補う作用があり、痛み・血管の拡張を抑制し炎症を鎮める効果がある事は確かなようです。

片頭痛にはマクサルト

片頭痛の発作が始める数時間から人によっては数日ズキンズキンとした痛みに悩まされ随時症状による吐き気に悩まされる人も多いと思います。発作さえ治まってしまえば何事もなかったかのように日常を送れますが体調、食事、天候、季節などによっていつ起こるか予想出来ない不自由さがあります。片頭痛と上手く付き合っていく事ももちろん大切ですが我慢せず医療機関を受診し治療薬を処方してもらうのも1つの手です。処方される薬の中でもマクサルトは片頭痛が始まってから30分以内に服用する事で高い効果を得られるとあって支持率が高い治療薬となっています。
(マクサルトとは?)
一般的に頭痛の対処療法である鎮痛剤は「痛みを感じにくくさせる」作用しかなく片頭痛の症状が現れてからでは効果を実感しにくい難点がありました。これに対しマクサルトは片頭痛の発現時に拡張した血管をすばやく収縮する事で血管の炎症を抑制し片頭痛の症状改善に高い効果を発揮します。
またマクサルトの服用後およそ1時間経過する頃に体内の薬物濃度がピークになるため即効性にも優れていて片頭痛に伴うおう吐、悪心、光・音過敏といった症状にも素晴らしい作用を示す事が分かっています。口に入れると水無しで簡単に溶けるタイプ(口腔内崩壊錠)のマクサルトRPD錠も開発されているため外出先で片頭痛に襲われた際にも活躍します。
(マクサルトの服用方法)
片頭痛の発作時に1回10mgを服用します。万が一効果が不十分な場合にのみ前回の服用から2時間以上空けてから追加で服用が可能ですが、1日の総投与量20mgである事から最大でも1日2錠までとなります。また薬物乱用頭痛を防ぐため使用に際し月に10回以上の服用は控えるようにしましょう。
(マクサルトの副作用・注意点)
主な副作用は以下になります。
・無気力感
・疲労
・倦怠感
・高血圧
・動悸
がある他に重篤な副作用としてアナフィラキシーショック、アナフィラキシー様症状、狭心症、不整脈、心筋梗塞、虚血性疾患様症状、WPW症候群における頻脈、てんかん様症状、血管乳浮腫、中毒性皮膚壊死、失神、呼吸困難があるため医師の指示に従って服用して下さい。
また次の方は使用を控えるもしくは注意が必要です。
・心臓に持病がある方
・狭心症や心筋梗塞の症状悪化を招く危険があります。循環器系の持病がある方はご注意下さい。
・眠くなる事があるので車の運転は控えて下さい。
・エルゴタミン製剤または同じトリプタン製剤との併用は避けて下さい。副作用が出やすくなる危険があります。
・予防薬プロプラノロール(インデラル)を服用中の方は本剤の使用は控えて下さい。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>