配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

レビトラの効果効能・副作用

レビトラとは?

レビトラは2004年にドイツのバイエル社が生産を開始した世界で2番目に出来たED治療薬です。日本でも2004年から5mg、10mgの販売が始まりましたがここで問題になったのは糖尿病などの生活習慣病患者、脊髄損傷患者、骨盤内手術後の患者にはレビトラ10mgでは思ったような効果が得られないケースがしばしば起きた事です。
この事は専門医の間でも問題視され20mgが日本でも承認されるきっかけとなりました。これにより10mgでは症状が改善されなかった糖尿病などの患者でも20mgを使用し優れた効果が発揮される事となり臨床実験によって安全性の高さも認められています。
レビトラはバイアグラの欠点である食事の影響を受けやすいなどといった点を改善した補助的役割が強いED治療薬です。実際にレビトラを使い効果を実感した患者も多いのでバイアグラでは効果を感じ無かった方には試してみる価値がありそうですね。

レビトラの効果

有効成分の塩酸バルデナフィルはバイアグラに含まれるクエン酸シルデナフィルに非常によく似た化学構造式を持っているためレビトラの効果・効能はバイアグラとほぼ一緒です。

レビトラの服用方法

服用のタイミング→性交渉の約1時間前
効果の持続時間約5~10時間
服用前の食事→軽食なら可
服用後の食事→服用の約1時間後からが好ましい
レビトラはバイアグラに似た作用がありますが即効性の高さと食事の影響を受けない特徴がありバイアグラの欠点を補うような薬として支持率の高いED治療薬となっています。
ですがレビトラも食事の影響を全く受けないという訳ではありません。やはり胃の中に内容物の無い空腹時の方が有効成分の吸収率が高いため効き目が強くなり持続時間、即効性はより高いものとなります。また過剰なアルコール薬の効果を失わせ脂肪の多い食事・飲料は成分の吸収を妨げるのでなるべく控えて下さい。
レビトラとバイアグラは有効成分が全く違うのでバイアグラが合わなければレビトラ、レビトラが合わなければバイアグラと体質によって選ぶのも良いでしょう。

レビトラの併用禁忌薬

・硝酸剤
レビトラと併用すると血圧を急激に低下させる恐れがあります。
・抗ウィルス薬(HIV治療薬)
併用する事でレビトラの血中濃度が急激に上昇する恐れがあります。
またグレープフルーツも薬の血中濃度を上昇させる恐れがあるため服用時に食べるのは控えて下さい。たかがグレープフルーツと感じるかもしれませんが場合によっては重篤な副作用を引き起こし命の危険もあるのでご注意下さい。

レビトラの副作用

ED患者のほとんどが服用後に何らかの副作用を体験しています。

主な副作用

・顔の発赤
・目の充血
・動悸
・鼻づまり
・頭痛
などがありバイアグラととてもよく似た副作用が生じます。特に顔のほてりや目の充血は必ずと言って良い程多くの服用者が感じるようです。上記の反応は服用と共に現れ薬の効果が切れると治まるのでほとんどの場合気にしなくても大丈夫ですが次のような症状が長時間続く場合はご注意ください。
・消化不良
・光に対する過敏症
・下痢
・背部痛
体質によってED治療薬にも合う合わないがあるので「自分に合わない」と感じたり使用に際し異常を感じられたら医師に相談する事をおすすめします。

レビトラの注意点

  • レビトラに含まれる成分に対し過敏症の既往歴がある方
  • 心臓または血管に重い持病があり体の機能が性交渉についていかない方
  • 重篤な肝機能障害・腎障害、不整脈、不安定狭心症、網膜色素変性症、を患っている方
  • 抗不整脈薬、HIV治療薬、抗真菌薬を服用中の方
  • 6ヶ月以内に脳梗塞、心筋梗塞、脳出血を起こした方
  • 最高血圧90mmHg未満、最低血圧50mmHgの低血圧の方
  • 最高血圧170㎜Hg以上、最低血圧100㎜Hgの高血圧の方
上記のいずれかに当てはまる方はレビトラを利用すると重篤な副作用を起こしたり、現在抱えている持病を悪化させるリスクがあるので使用を控えて下さい。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>