配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

むくみの原因・症状その改善方法とは?利尿剤の効果について

むくみとは?

むくみを医学的に言うと浮腫(ふしゅ)と呼びます。血中に含まれる水分が血管やリンパ管外に染み出して手、足、顔などの皮膚の下に溜まる、この状態をむくみとしています。
むくみは大なり小なりほとんど人が経験している減少ですが、特に足や顔といった部位に症状が出やすいです。立ち仕事やデスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けると夕方には脚やふくらはぎがむくみ、それは靴やブーツを履いた時に窮屈感があるためすぐに分かります。顔なんかは朝起きて鏡を見ると目、頬、顎のラインなどにはっきりとした変化があるためすぐにむくんでいるのが分かります。飲み過ぎた翌朝にこのような経験をした方は多いと思います。
むくみの怖い所は「むくみが馴染みやすい」点にあります。血中の水分が染み出ている状態というのは同時にリンパや血管の流れが滞っている状態でもあります。そのため一度むくんでしまうと体の各細胞へスムーズに養分の出し入れや老廃物の排出が効率的に行われないため、更にむくみは進行します。その結果として老廃物、水分といった体に余分なものを溜め込みやすい体になってしまうのです。
むくみという異常が無ければ血液として循環し心臓へ戻っていくべきものが体のどこかに溜める訳ですから、体にむくみが生じた際は自身の生活習慣・不調を省みて下さい。

むくみのメカニズム

むくみは血管やリンパ管の流れが滞り余分な水分が皮膚の下に染み出て溜まった状態を指します。ではなぜこのような現象が発生するのかを解説します。
人の体の約6割を水分が占めている、この事を知っている人は割と多いかと思いますが具体的にこの水分がどう割り振られているかご存知ですか?細胞の外にある水分「細胞外液」に3分の1
、細胞の中にある水分「細胞内液」に3分の2、のように割り振られ細胞外液の約80%は細胞同士の間にある「間質液」と呼ばれる水分で構成されています。この間質液は「組織間隙」と言う細胞と細胞の隙間を流れています。
間質液は血液の流れに大きく影響する動脈側の毛細血管から体の各細胞に必要な酸素・栄養を運ぶと共に、細胞が排出する二酸化炭素・老廃物といった体の不要物を静脈のリンパ管や毛細血管へ戻す働きがあります。この働きをスムーズに行うために毛細血管の細かい穴は絶えず間質液をやり取りしているのです。
毛細血管は体の水分や老廃物を循環・排出しながら間質液の量が体重の約1.5割をキープするように調整していますが、何らかの原因によってこのバランスが崩れ血管に戻るはずの水分が少なくなるもしくは血管から出す水分が多くなると、水分が皮膚の下に染み出て留まり体のあちこちでむくみとなって現れるのです。

むくみの主な原因

むくみの具体的な原因として以下が挙げられます。
  • 同じ姿勢
    むくみの原因は人によって異なりますが座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢でいる事はむくみの大きな要因となります。そのため立ち仕事やデスクワークといった長時間同じ姿勢で仕事をしている方は血流の滞りが発生しやすいと考えられます。
    またヒールの高い靴もむくみの原因となります。ふくらはぎの筋肉には足首を曲げ伸ばす運動によって収縮しそれを中央血管が押し込み・また離すまるでポンプのような役割を持っています。これによって血液は送り出され循環するのですがヒールの高い靴を履くとかかとが上がり、ふくらはぎの筋肉が縮んだ状態がキープされてしまうため血流が妨げられるのです。この他には補正下着など体を締め付ける衣類にもこれと同じ事が言えるためむくみに注意が必要です。
  • アルコールの影響
    アルコールもまたむくみを引き起こす原因の1つです。お酒を飲むとやたらトイレが近くなりませんか?これはアルコールを摂取すると利尿作用が働くためでこの時体内では排出された尿によって脱水状態が引き起こされます。血管中に含まれる水分量が減少する事で体は「脱水状態にある」と判断し、脳から「喉が渇く」という指令が発せられ人は水分もしくは更にアルコールを摂取します。その結果必要以上の水分が体内に取り入れられるためむくみが生じるのです。
    日常生活を送る上で普通に水を飲むだけであればむくみに直結しませんが、アルコールを摂取すると血管が拡張されこの時に水分などをやり取りする毛細血管の小さな穴も同様に広がるため、染み出た水分が皮膚の下に溜まりむくんでしまうのです。
    また血管から水分が染み出てしまう事で体は水分不足となりまた喉が渇く→アルコール・水を飲む→むくみが生じる→血管から水分が染み出て水分不足→喉が渇くといった悪循環が生まれるのです。
  • 塩分のとり過ぎ
    塩分の過剰摂取もむくみを引き起こす要因となります。塩辛いものを食べると喉が渇く、というのは感覚的に誰でも知っている事ですがこれは人間の体内にある体液の塩分濃度がある一定のものに決められているからです。そのため決められたラインを超えると体は体液の塩分濃度を下げようとするのでやたら喉が渇くといった現象が生じるのです。
    更に詳しく言うと体内に取り込まれた塩分(ナトリウム)は消化液や骨に運搬されます。この運搬にはカリウムと呼ばれる物資が必要不可欠でカリウムが不足していると、その代わりとして体液を使って塩分濃度をコントロールするため塩分を摂る→喉が乾く→水を飲むといった行動に繋がるのです。
    これは人に備わっている防衛反応でもありますがナトリウムの性質上、水分を大量に体内へと取り込んでしまうため余分な水分が発生し、塩分を摂取し喉が渇けば血管が拡張する、拡張した毛細血管からは水分が染み出るのでむくみが発生します。
  • 冷えと血行不良
    冷え性がむくみの原因であるとよく言われますが正確には違います。多くの女性が悩む冷え性ですがこれには閉経前後や生理前などによって引き起こされる女性ホルモンの乱れが大きく関わります。女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経が乱され交感神経の働きが突出するため血管が縮み手・足・腰の冷えが生じます。つまり運動不足、ストレス、自律神経の乱れこれらが複合的に重なる事で手足の冷えが生じ血流が妨げられるため手足がむくんでしまうのです。
    冷え性による血行障害が要因のむくみは一般的に手足のしびれ・腫れぼったいといった症状を訴える方が多いですが直接的な関係性は薄いと考えられています。
  • 運動不足によって低下した新陳代謝
    むくみは血流の悪化によって引き起こされるケースが多いため血液と筋肉が大きく影響する症状とも言えます。なぜ筋肉が重要かと言うと筋肉がリンパ管を直接刺激し押したり戻したりするポンプのような役割があり、これによって血流は正常に保たれているからです。なので当然の事ながら筋肉の動き・力が非常に重要であるため運動不足はむくみの原因になると考えられる訳です。
    しかし運動をしないと筋力はどんどん弱まり、弱まった筋肉では心臓に血液を押し戻す力が十分では無いため体に必要な栄養・酸素の供給が出来なくなります。すると血管は活力を失い血流の巡りが悪くなるのでむくみが生じるのです。
  • ビタミン、ミネラル、たんぱく質の不足
    むくみの大敵である運動不足以外にも普段の食事で不足しがちな栄養素も血流の悪化に大きく関わっています。人間の体はビタミンが不足すると様々な体調不良が引き起こされます。現代人の食生活では何かとビタミンが不足しがちであり、これによって発症するビタミン欠乏症の代表例では「脚気」や「くる病」などが挙げられます。この他に動悸・息切れなどは「潜在的ビタミン欠乏症」と呼ばれていて、むくみもこれに含まれているのです。
    生きていく上で重要なビタミンB1が欠乏するとたんぱく質の合成がスムーズに行われない上に汗や尿となって体外に排出されてしまいます。また当分・アルコールの代謝にもビタミンB1が欠かせないため、もしビタミンB1が不足するとアルコールが原因のむくみが生じてしまいます。
  • 性別と年齢
    性別や年齢によってむくみが生じやすかったり程度に差が出る事はあるのでしょうか?一般的にむくみは女性に多く発生しやすいと言われていて、これは男性と比べ女性の筋肉量が少ないためです。血液を循環させるには筋肉の動き・力が必要であり筋肉量の少ない女性は不利だと考えられますね。また女性はハイヒール、補正下着など筋肉の動きを強張らせ体を締め付ける衣類を着るシーンが多いのも原因の1つです。
    加齢はむくみの直接的な原因ではありませんが年齢を重ねると心臓・肝臓の機能は低下し、筋力が衰え運動不足になりがちである事からむくみやすくなる方は多くなります。また性別・年齢に関係なく肥満の人は心臓に負担が掛かっているため血液を全身に供給する力が弱くむくみやすいと考えられます。
  • 病気や薬の影響
    薬の副作用や病気の影響でむくみが生じるケースもあります。これは薬の有効成分は血管を通して全身に運ばれやがて体内に吸収されるのですが、病気を治すための薬理効果によって血管が広がり、広がった血管から水分が染み出てむくみへと繋がるためです。
    例えば高血圧の治療薬である「カルシウム拮抗薬」は動脈が薬効成分によって拡張され静脈とのバランスが崩れるためむくみやすくなります。また糖尿病の治療薬として認知度の高い「インスリン」はナトリウムが腎臓に再吸収されるのをサポートする働きがあるため塩辛い物が好きな人、女性、高齢者はむくみが起こりやすい傾向があります。この他にも漢方薬に配合される事が多い「甘草」から抽出されるグリチルチリンは利尿作用のあるカリウムを体外に排出する働きがあるのでむくみが生じる場合があります。

むくみの解消方法

体にむくみが生じる原因は様々でそれによって対処法も変わりますが余分な水分の排出を促す事が基本となります。忙しいとついついシャワーで済ませてしまいがちですが、ぬるめのお湯に20~30分ゆっくり浸かりましょう。入浴後の体が温まった状態のままリンパマッサージをすると更に効果的で血流の改善、適度な発汗作用、体内の老廃物・毒素が排出されやすくなります。
また女性が男性に比べてむくみに悩んでいる方が多いのは筋肉量が少ないためであり、筋肉はリンパ液などを循環させるポンプのような働きがあるためここを動かす事が重要だと考えられます。同じ姿勢で居続けるとリンパの流れは悪くなるのでデスクワークなどで長時間座って仕事をしている方は1時間に1回ストレッチをすると血流の滞りが少なくなります。特にふくらはぎの筋肉はリンパ液・血液を足から心臓へ送る重要な役割があります。老廃物の排出をスムーズに行うにはふくらはぎの筋肉をよく動かすように心掛け、立ちっぱなしの際はつま先で地面を蹴るように、座りっぱなしの際は足首を動かすようにしましょう。
他にもスナック菓子や味の濃ゆい食べ物には塩分が多くこれもむくみの原因となります。食べ過ぎないようにするのはもちろん、塩分を体外に排出するのをサポートするカリウムを積極的に摂るのが効果的です。カリウムには腎臓を通し汗や尿として塩分(ナトリウム)を排出する利尿作用があり新鮮な野菜・果物に多く含まれています。しかし熱に弱いため加熱調理には向いていないのでほうれん草、きゅうり、アボカド、すいか、ばなな、りんごなどをサラダやデザートとして食事に取り入れるのがおすすめです。

むくみを改善すれば痩せられる

血流が悪くなることで皮膚の下に余分な水分が溜まる事で生じるむくみは見た目も腫れぼったくなるため実際の体重よりも太って見えます。またダイエットのため運動をして食事制限もするなど努力しているのになかなか結果に結びつかない人はむくみが原因で痩せにくい状態に陥っている可能性があります。
むくみの原因のほとんどが血流・リンパの流れや代謝が悪くなる事で発生します。むくみと深い関係のある水分量ですが体の体脂肪率が高くなれば水分量は減少し、逆に筋肉量が増え代謝が高まると水分量は増えます。「えっ!水分量が多い方がむくみやすいんじゃないの?」と思うかもしれませんが水分量が多いのがむくみの直接的な原因ではなく代謝が悪くなり体に水分が溜まってしまうのが問題なのです。筋肉量を増やせば代謝が上がり血液の循環も改善されるため体の水分が勢い良く流れるようになり自然とむくみも解消されるのです。
飲み会でお酒を飲んだ翌朝にむくんで顔がパンパンになった顔など一時的なものならリンパマッサージや蒸しタオルを使えば解消出来ますがこれが慢性化するとむくみはとても厄介なのです。むくみによって更に血液循環が滞ると老廃物が溜まり脂肪燃焼がしっかり出来ない、毒素を溜め込みやすい体質になるなどいくらダイエットしても効果が出にくい悪循環が起きてしまいます。
筋肉量を増やして体の巡りを改善する他にも塩分・糖類が多い食生活を見直す事でむくみを解消し痩せやすい体質へと生まれ変わりましょう。

サプリメントでむくみと代謝を改善

むくみには運動はもちろん食生活の改善が不可欠であり普段の食事からもそうですが、必要な栄養素がバランスよく凝縮されたサプリメントなどの活用は必須だと考えられます。
むくみは細胞と細胞の間に溜まった余分な水分によって生じますが、これには「カリウム」と「ナトリウム」が深く関わっています。細胞中に含まれる水分「細胞内液」にあるカリウムと細胞外に含まれる水分「細胞外液」にあるナトリウム、この2つは常に丁度いいバランスで存在しています。ところが私達が過剰に塩分を摂取すると体内のナトリウム濃度が高くなり体はこれを何とかしようと水分を溜め込むようになります。この溜め込んだ水分こそがむくみの原因なのです。
体のナトリウム濃度を下げるにはカリウムを多く含む野菜や果物の摂取が効果的ですが、そのほとんどは熱に弱く普段の食事から効率的に摂取するのは難しいためサプリメントの利用がおすすめです。その中でも「ザントレックスブラック」がむくみ解消の他にダイエットにも効果があるとして高い人気があります。
むくみ解消成分としてカリウム、体の代謝と燃焼にサポートするナイアシン、カフェイン、ガラナなどの有効成分が配合されています。特に注目すべきポイントはカルシウム、マグネシウム、鉄分など普段の食事で不足しがちなミネラル類がギュッと凝縮された「ヤーパマテ抽出液」のソフトジェルカプセルで別名飲むサラダとも呼ばれています。むくみ解消に加えその根本原因である体脂肪、冷え性といった諸症状の改善も期待出来るためダイエットサプリメントとしても優れた作用を示します。

利尿剤のラシックスでむくみ解消

むくみを改善するのに運動、食生活の改善、サプリメントをご紹介しましたが、むくみも病気の症状の1つである事から薬による治療も可能です。これに用いられるのは「ラシックス」と呼ばれる利尿剤で、元々は高血圧症患者のむくみをとり血圧を下げるために処方されます。
心臓、腎臓、肝臓などの機能が低下すると体に水分が溜まりむくみの原因となります。この薬は非常に強い利尿作用があり腎臓に働きかけ尿の量を増やし、体に溜まった水分(浮腫)を排尿によって体外に排出します。有効成分として配合されるフロセミドは心臓病・腎臓病・肝臓病に伴う浮腫や月経前緊張症(PMS)によるむくみにも頻繁に用いられている薬です。排尿によってむくみが改善されると共に血圧も下がり心臓、腎臓への負担が軽減されるため体軽くなったような感覚も得られます。朝の顔であるニュースキャスターはカメラ写りを気にして利尿剤を飲む事もある、とテレビで放送され話題になりましたね。
ラシックスは厚生労働省に認可された安全性の高い治療薬ですが非常に強い利尿作用を持っているため時に副作用が生じる場合もあります。特に服用後は排泄の量・回数が非常に多くなるので外出時や勤務中に際して注意が必要です。他にも排尿する事で血圧が下がる特性がある事からめまい、ふらつき、特に高所での作業には十分注意しましょう。また悪化した浮腫「突発性浮腫」は自律神経の乱れによって引き起こされます。なのでラシックスはあくまで対処療法として考え、根本原因である自律神経のバランスを正常化する生活習慣の改善などに努めましょう。

むくみの起こりやすい場所

むくみの発生している部位によって原因も大きく異なります。
足のむくみの原因
長時間の立ち仕事を終え靴を履き替えようとした際に朝履いてきた靴が入らないっていう経験はありませんか?むくみの症状が実感として最も分かりやすいのはやはり足です。これは立ったままもしくは座ったままの状態が続くと足の筋肉が静脈弁を押し混み、血液を心臓に向かって流れ込ませる「筋肉のポンプ」のような働きが弱まるためです。
この働きが弱まると心臓へ向かう血液の流れが滞り静脈の圧力が高まるため静脈の血流の停滞、静脈の拡張、静脈便から血液が逆流するなど静脈の機能障害が発生してしまいます。こうなると血管中から血液の水分が染み出て細胞の間、つまり皮膚の下に溜まるため足のむくみが生じるのです。
顔のむくみの原因
顔のむくみは見た目的にもとても気になりますよね。お酒を飲んだ翌朝に鏡を見ると顔がパンパンになっている、これは通常時と比べ余分な水分が皮膚の下に溜まっているからです。血液循環、リンパの流れに支障が生じている証拠とも言えます。
血管中の余分な水分が流れていかない原因を作っているのはアルコールです。アルコールは体内に取り込まれると血中のアルコール濃度が高まり血管が広がります。広がった血管内部では血液の流れが通常時よりも緩やかになってしまうため、本来すぐに流されるはずの水分が滞りむくみに繋がるのです。
これを身近なもので例えると放水するのに使うホースを思い浮かべて下さい。流れる水(血液)の量は全く同じでも口径の大きいホースで放水するのと、ホースの先端を指で潰した状態で放水するのとでは水の勢いが明らかに違いますよね。物は違いますが血管にも同じことが言えるのです。
手のむくみの原因
顔や足はむくみやすく症状としても分かりやすいですが、手もまたむくみが出やすいパーツの1つです。顔や足がアルコールの摂取によって血管が広がり血流が通常時よりも緩やかになる事や、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいる事で血液の流れが滞りむくみが生じる、この基本的なメカニズムは手も同じです。
これに加えて女性は生理、妊娠、出産、閉経などホルモンの分泌がアンバランスになる時期に手にむくみが発生しやすくなります。また筋肉と腱はむくみと切っても切れない関係にあり手には多くの腱があるためむくみが起きやすいとも言えますね。
上記以外でも甲状腺機能低下、ビタミンの欠乏でも手はむくみますが、こうした内臓疾患でなければ運動・マッサージを施せば大幅に改善されます。
妊娠中のむくみの原因
妊娠中のむくみは妊娠・出産を経験された方なら誰でも覚えがあるのではないでしょうか。妊娠中は胎盤を通して胎児に必要な栄養素を運ぶため血液量が非妊娠時と比べ大幅に増加します。そのため血液と細胞組織の液体に変調が生じるためむくみが発生するのです。また妊娠中に起きる悪阻の症状が重くなると外出はもちろん満足に動く事も難しくなります。結果的に日中の運動量が減るため血流は悪化しこれもまたむくみの原因になります。
妊娠中は出産に備え眠りが浅くなり疲れが溜まりやすく寝不足になりがちである他に、マタニティウェアを着用しない事も体を締め付けむくみの要因となります。ノンワイヤーの下着に替える、腹部の締め付け感が少ない衣類にするなどの工夫が必要ですね。適度な運動は妊娠中も推奨されていますが妊婦によって悪阻や胎児の状態は様々なので運動よりも同じ姿勢を取り続けない、ストレスを溜めない、体を冷やさないように過ごす事が重要です。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>