配送状況の確認はこちら

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

あがり症の原因・対策・克服とその治療薬インデラル

あがり症とは?

病気でもないのに状況によって激しく汗をかいたり、顔が赤くなったり、心臓の鼓動が早くなる事
があります。これらの症状は緊張によって引き起こされ誰にでも起こり得る現象ですが稀にこれらを強く感じる方がいます。いわゆるあがり症と呼ばれる強迫神経症の1つで特に日本人に多く見られる疾患です。社交不安障害、社会不安障害とも呼ばれます。
あがり症の根底には「人から変に思われるのではないか?」という不安がある他に人見知りをする、人に気を遣うといった行動にとらわれる事が集団行動を重視する島国日本ではとても多いため、あがり症に悩む方も多いのではないかと考えられています。
あがり症はどんな場面で起こりやすいのかシーン別に見てみると、
・職場での会議やプレゼンテーション
・大勢の前での自己紹介
・面接試験
・何気ない会話
・スーパーなどでの買い物
などがあります。あがり症の人は大勢の前で強い不安を感じるイメージがありますが、意外と1対1の場面で強く感じる方も多く個人差があるようです。共通しているのは必ず対人場面である事で仕事などで自分の持ち味や実力を発揮出来ない歯がゆさを感じる方も多いのではないでしょうか。
あがり症は生物であれば例外なく起こりうる症状で例えば猫が毛を逆立て威嚇するのも交感神経が刺激されているからで、人間の場合では発汗、動悸、震えといった症状が現れるのです。
10代や20代の若年層に多く理由の1つとして「緊張する場面に慣れていない」事が挙げられます。社会に出れば人前で話す機会や知らない人ともコミュニケーションをとる必要性が必ず訪れ、上手に緊張・プレッシャーから目をそらせるようになる方も中にはいるようです。

あがり症の原因とその対処法

人前に出ると緊張や赤面してしまう、これはあがり症の代表的な症状です。手や足にじっとりと嫌な汗をかいたり、心臓が激しく鼓動を打ち、顔が真っ赤になるといった症状は血液中に含まれるノルアドレナリン分泌される事で引き起こされます。
ノルアドレナリンとはひとが緊張・不安を感じた時に分泌される神経伝達物質の一種です。自律神経中の交感神経を活発にする作用があるため血圧・心拍数・体温が上昇しあがり症の症状が起こります。ではあがり症の方はどのような特徴があるのでしょうか。
(そもそも話す事が苦手)
人間は表現し話す能力がありますがあがり症の方は苦手意識から話す力に蓋をして、人前でうまく話せないといった症状に陥りがちです。「失敗したらどうしよう」と必要以上に恐怖心を抱えているケースも多く人前で自己紹介する際には思い切って「私あがり症なんです」と先に宣言してしまうと心が楽になり周囲からの理解も得やすいです。
(人付き合いが苦手)
あがり症に悩む方の中でも「度を越して病的なあがり症である自覚を持つ方は一種の対人恐怖症の可能性があり、いじめや厳しい家庭で育ったなど幼い頃の生活環境が大きく影響する事が分かっています。このケースでは専門機関でカウンセリングを受け無意識下にある原因を究明する事で症状が弱まる傾向があります。
人前で話す、演技をする、緊張が伴うような場面では誰でも交感神経が優位な状態になります。あがり症に悩む方はそうでない方と比べると、あがり症の方はこの交感神経が特に敏感である事が分かっていて、特に心臓がドキドキと大きくなり顔の紅潮や汗をかきやすいといった症状が表れやすいです。「あがる」事は程度は違えど誰にでも起こりますがその度合いがあまりにも強く、
・人前で話せない
・どうしてもどもってしまう
・クラクラして倒れてしまう
・気分が悪くなる
こういった方は不安・恐怖感を強く感じやすい傾向があります。もちろん緊張して手・声が震えたり、話すのは苦手だけどなんとかこなせるというのであれば問題ありません。ですがあがり症は軽度のものから重度のものまで症状が様々でそのまま放っておくとパニック障害、うつ病、アルコール依存症などに発展する可能性も否定出来ない為注意が必要です。

あがり症のメカニズム

大勢の前での自己紹介、仕事やバイトの面接なとで手が震え頭は真っ白になり吃って上手く話せなかった、なんて経験ありませんか?あがり症は決して病気ではありませんがしっかりしなければならない状況であればあるほど起こりやすい厄介な症状でもあります
緊張やあがり症が引き起こされる原因は様々ですが多くの場合「対人不安」によるものがほとんどで以下の状態が予想されます。
・周囲の視線を強く感じる
・焦りや不安を感じる
・良く思われたい
などの心理的現象から、
・手、足、声が震える
・顔が赤面する
・言葉が上手く出て来ない
などの身体的現象を引き起こします。実はこれら一連の症状は生命維持のため脳のセキュリティが危険を察知し守ろうとする働きなので脳が正常に機能している証拠とも言えます。これには人に自尊心があり理解されたいと思う(自己好感)、人から認められたいと思う(自己重要感)、高く評価されたいと思う(自己有能感)という精神面において重要な3つ欲求があるため、これが傷つけられる恐れがあると脳からの指令によってあがり症の症状は引き起こされると考えられています。
この時体の中では不安・緊張を感じるとノルアドレナリンが活発に分泌されドキドキしたり冷や汗をかきやすい状態が作られています。血液中のノルアドレナリン値が高くなると交感神経が刺激を受けるため血圧・心拍数・体温の上昇によって動悸、発汗、赤面といった反応が起るのです。
対策としては自分が特に緊張し不安に思うシーンを知る事が大切で、過去の失敗がトラウマとなり同じ状況下になるとあがる場合には、そのトラウマを克服する事があがり症改善のカギになります。ここではあえて同じ状況を何度も体験する事でだんだんとその場面に慣れるといった方法が効果的で徐々に不安・緊張を感じなくなり自然とドキドキや冷や汗もかかなくなります。
しかしこれは根気がいる作業で時間もかかるため「明日大事なプレゼンがある!」という時には使えません。急を要する場合には医薬品インデラルの服用で一時的にですがあがり症を克服出来ます。病院で処方される薬ですが行く時間が無い時でも通販で購入可能です。

あがり症を克服するインデラルの効果と副作用

人前にでると緊張し上手く発言出来なくなるのは誰にでもあるかもしれませんが、大切な仕事のプレゼンや得意先への営業の際にあがっていては自分の能力を最大限に発揮出来ずに終わってしまいます。そんなあがり症に対し医薬品インデラルは心拍数の上昇を抑える事であがり症の症状を改善します。また極度の緊張下で起こる手・足・声の震えにも効果を発揮するので呼吸が速く浅くなる心配もありません。元々は狭心症・不整脈の薬として用いられていましたがあがり症・偏頭痛といった症状にも優れた効果を示すので人前でプレゼンする前に服用する会社員も多いようです。
あがり症改善目的である場合は発表・プレゼンの1時間前に服用すればちょうど効果が安定してきた頃に発表となります。本剤の効果持続時間は約3~4時間程度です。
(インデラルの副作用・注意事項)
・喉が渇きやすい
・眠くなる
・体がだるい
・めまい
などの症状が飲み始めの際に感じる場合もありますが軽ければほとんど心配ありません。ただし胸が苦しくなる、息苦しさを感じる場合には注意が必要です。特に脈拍が1分間に50以下になる徐脈が疑われる場合にはすぐに服用を中止し医師の診察を受けて下さい。
不整脈にも用いられる事からより高い効果を求めて必要量以上を服用するのは大変危険なので絶対にしてはいけません。また服用の際にアルコールを同時に摂取すると作用が強く出るもしくは全く無くなるといった事態が生じる恐れがあります。安定した効果を得るためにはインデラルを服用する際にアルコールを同時摂取するのは控えましょう。

安心のお約束

商品到着100%・商品名記載ナシ・メーカーの正規品のみ販売・処方箋不要

新着のお知らせ

もっとお知らせを読む>>